Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://furushimashusaku.blog81.fc2.com/tb.php/71-940969e0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

マンガ表現について

最近「マンガ学」(原著:Understanding Comics; Scott McCloud)という本を読んでいます。
マンガの絵、コマ割などが持つ意味を分析し整理して、マンガの形式で解説している本です。

その中で、絵を単純化して表現することについて言及しています。
たとえば人の顔をリアルに描くと特定の人に似た顔になり、単純に描くと多くの人に当てはまる(最後は人類全体の顔になる)のだそうです。
その結果、単純に描いた顔の方が自分に置き換えて見やすい。つまり、感情移入しやすいとのことでした。
mangagaku.gif

私は「単純化した絵は見やすい」とだけ思っていたのですが、実はより多くの意味が隠されていたようです。そういえば私も、さし絵スタジオの男性の顔を「自分の顔」のつもりで使っていました。

大人の場合、マンガでなくとも映画やドラマでも感情移入してしまいますが、それはセリフやシチュエーションで感情移入できるからなのでしょう。マンガっぽい絵なら、子供から大人まで容易に感情移入できるわけです

それにしてもこの本はすばらしい!
さし絵スタジオを作る前に読みたかったです。開発した後でこの本を読む私って、ダメダメですね・・

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://furushimashusaku.blog81.fc2.com/tb.php/71-940969e0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

furushimashusaku

Author:furushimashusaku
(株)終作「さし絵スタジオ」をよろしく!
FC2 Blog Ranking
ランキングアップのため、1日1回クリックを!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。