Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://furushimashusaku.blog81.fc2.com/tb.php/133-436693b8

-件のトラックバック

[T9] PS3 H.A.W.X.2

最新鋭の戦闘機による空中戦を

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

戦闘機の整備マニュアルの秘密!?

今年も夏になり、戦争特番の予定が聞かれる季節となりました。

第2次大戦中、日本の軍用機のほとんどは開発や整備の容易な「空冷エンジン」でしたが、
ドイツからライセンスした「水冷エンジン」を使った軍用機も一部には存在しました。
その1つが「三式戦闘機」です。
水冷エンジンを使うと空気抵抗が減り、最高速度が速いのが特徴でした。

ちなみに、今の自動車は、ほとんどが水冷エンジン、小さいバイクは空冷エンジンです。

さて、この三式戦闘機、性能は良かったのですが整備が難しく、整備不良で飛べないことが多くて、
残念ながら思うようには活躍できませんでした。
なぜ整備が難しかったかというと、慣れない水冷エンジンであるうえ、整備マニュアルが
難解だったからだそうです。


技術力というのは単に新技術を開発したり、模倣したりする能力だけが問われるのではなく、
「物事をわかりやすく人に伝える技術」も含めたトータルな能力が真の技術力と言えるのでしょう。
seibi.gif
↑この機体は三式戦闘機ではなく零戦です。


一方、アメリカ軍機の整備マニュアルというのは、イラスト満載でわかりやすいものでした。
オークションに出ていた画像を拝借したのがこれ。

B29manual.jpg

これは日本にたくさん爆弾を落とした、B-29の整備マニュアルの抜粋。
笑っちゃうくらい見やすいです(^_^;
カラーだし。。 65年を経た現代でも余裕で通用する分かりやすさですね。
日本にも一部天才的な技術者はいましたが、トータルの技術力では遠く及ばなかったことが、この1ページで
分かるような気がします。
(日本軍機のマニュアルをまだ見ていないので、まだ断定はできないのですが・・ 入手できたら紹介したいと思います。)

アメリカ人は、プレゼンでイラストを入れることは嫌う風潮があるようですが、説明する直接の対象が絵的であるときには図版もよく使います。 遙か昔にこの程度こなしてしまうとは。恐るべし!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://furushimashusaku.blog81.fc2.com/tb.php/133-436693b8

1件のトラックバック

[T9] PS3 H.A.W.X.2

最新鋭の戦闘機による空中戦を

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

furushimashusaku

Author:furushimashusaku
(株)終作「さし絵スタジオ」をよろしく!
FC2 Blog Ranking
ランキングアップのため、1日1回クリックを!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。